FC2ブログ


Recent entries
2020/04/07 (Tue) コロナに負けるな!
2020/03/31 (Tue) ほぼ巣篭もり状態!
2020/03/28 (Sat) 忘れ物!
2020/03/26 (Thu) 春(駿)足!
2020/03/23 (Mon) 旬!
2020/03/20 (Fri) モクレン!

京都の世界遺産 醍醐寺へ花見に行って来ました。
なかなかこの時期に日にちを合わせれず、観に行けなかった桜です。
ここの桜は豊臣秀吉が近隣諸国から取り寄せた桜700本を移植し
盛大な花見を催したことで知られる、醍醐の花見の桜です。
それによって庶民にもお花見と言う文化が一般 に広がったそうです。

daigoji5.jpg


daigo.jpg





今回の目的は、この樹齢180年霊宝館前の大枝垂れ桜です。
何故かと言うとこの桜は早咲きで京都の大方の有名な桜の開花に
合わせるとすでに散ってしまっていて見れないのです。
一緒に居合わせた観光客いわくやっと逢えただそうです!
概に満開でおそらく見頃は今週末まで保たないのではないでしょうか?

京都でも最大級の大きさで、高さ9m、幹周り3.1m、葉張り東西24m・南北20m
と言う巨木です。あまりの大きさにパノラマ写真でしか収まりません。

daigoji.jpg


霊宝館(宝物館)の館内からもこのしだれ桜を本来なら鑑賞出来るのですが
(ここからのながめは間近でみれて最高です)宝仏などがドイツへ出陣中の為か
今年は残念ながら見る事が出来ません。

oosidare.jpg




そして大枝垂れ桜が終盤になる頃に、この巨木桜が満開へとなります。
高さ11m、幹周り3.25m、葉張り直径20m
今までこの桜の種類が特定されてなかったらしいのですが
(かなりの巨木のうえ若干枝垂れてる為だと思います)
2007年にDNA鑑定の結果ソメイヨシノであることが判明したそうです。
なにか時代を隔てたロマンのようなものを感じますね。

daigoji2.jpg

dna.jpg


こちらは三宝院の土牛の桜(とぎゅう)
推定樹齢150年 高さ11m、葉張りが東西18m、南北16m

togiyu.jpg


daigoji3.jpg


霊宝館前の大枝垂れ桜意外なら今週末は駐車場から門前のソメイヨシノが満開で
桜のトンネルが見頃を迎えると思います。

daigo2.jpg




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:京都 - ジャンル:旅行


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020  aica の いっぷくブログ, All rights reserved.